法的手段の実行

売掛金未回収をそのままにしておけば、当然受け取れるはずの利益を失うこととなり、経営にも悪影響を及ぼします。当然そのままにしておくわけにもいかないので、問題が起きる前に弁護士に相談してみましょう。法律事務所によっては、売掛金のみ回収などの、企業経営にかかわる金銭トラブルなどにも対応しているので、いくつかの法律事務所に足を運んでみて、自分に合いそうな弁護士がいないか探してみてください。

売掛金の回収については、どうしても相手側に支払い能力が無いと判断された場合、法的手段の実行に移す必要があります。例えば調停は貸した側と借りた側がお互い譲歩し、返済が可能なレベルまで売掛金の量を減らすことができますし、訴訟の場合は裁判を通して受け取れなかった売掛金を請求できます。法的手段ということもあり、これらの手続きは弁護士でしか行えないので、後々必要そうだと思ったときは、早めに弁護士に連絡しましょう。

弁護士による売掛金の回収方法は、法的手段に出られるのが重要です。訴訟を起こすにはお金も時間もかかるので、大抵の企業は避ける傾向にありますが、横に弁護士がいるだけでも準備ができているというプレッシャーにつながります。こうした存在が近くにいるだけでも、なるべく穏便に解決したいと考える方も少なくないので、弁護士による売掛金の回収は、前もっと相談し、どのような形で進めるか確認しましょう

法的手段の実行

損失を減らすために

売掛金未回収が続けば、損失は当然増え続けます。最初はほんの少しの遅延だったのが、だんだん期間が開くようになるなど、売掛金の遅延が常習化するケースも珍しくないので、確実に売掛金を回収するためにも、時には専門家のサポートを利用することが重要です。弁護士による売掛金回収なら、当事者同士では難しい交渉もスムーズに行い、損失が出る可能性を防ぐことができるでしょう。

売掛金未回収で困るのは、そのまま損失が発生することです。というのも売掛金には時効があり、未払いの状態が2年間続けば、その売掛金は時効を向かえ、支払いの義務もなくなってしまいます。当然受け取れるはずだった売掛金は丸後と失うことになるので、弁護士のサポートを活かし、確実に未払い分を回収します。売掛金の回収は、企業の代行として売掛金回収に出向き、時には訴訟を起こすことで、確実に返済を行うよう対処します。もし支払い能力が無い場合も、弁護士がきちんと対応してくれます。

支払い能力が無い債務については、少しでも返済を行えるよう調停を実施します。まずは一部だけでも支払って、時効の成立を防いだ上で、もう少しだけ返済を待ったり、分割払いにして無理せず支払える状況を作ったりと、なるべく返済を続けられるよう配慮します。調停はお互いの歩み寄りが必要ですが、間に弁護士が立つことで、通常よりもスムーズに済むといわれているので、これから話し合いをするのは難しいと考えている方は、弁護士への相談を検討してください。

損失を減らすために

売掛金回収は弁護士に

売掛金は基本的に決められた期間に入金処理されるものですが、意外なほど売掛金が回収できないトラブルは多く、時には非常に大きな損害につながります。売掛金の回収は自分たちが行うよりも、弁護士を介して行ったほうがより確実に作業を進めることができます。債権関係のトラブルに強い弁護士なら、過去のノウハウを活かしつつ、すばやく問題を解決してくれるでしょう。当サイトでは売掛金回収と弁護士に関する情報を紹介しています。

売掛金が未回収だった場合、弁護士に相談すれば、即座に回収のための作業を代行してくれます。連絡などは自分たちでも行えるので、弁護士への相談は連絡が取れなくなるなど、入金される様子が見られない段階からでも良いでしょう。内容証明を送るなど、必要書類の作成も一通り行ってくれるので、直接的な作業はほとんど行わなくても、弁護士が一通りのことを済ませてくれます。もし調停などの話し合いに発展した際も、弁護士が横についてサポートしてくれるので安心です。

弁護士の相談は当然費用がかかりますが、それに見合うだけの価値は十分にあるといえます。例えば支払い能力が相手側に無い場合も、調停を行って、多少減額しても売掛金の一部を回収できるようにするなど、ある程度の損失の埋め合わせができます。ひどいときには売掛金の時効に達し、売掛金をすべて回収できなくなることもあるので、多少の費用はかかっても弁護士には相談したほうが良いでしょう。

売掛金回収は弁護士に